読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3%

ありがとう、祝福、素直な自分で

力は抜けていて、気も抜けている

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

私の体の力は抜けていて、気も抜けています。
基本的に力は抜けています。

それは散歩したり、トレーニングしたりして鍛えたりほぐしたりして
柔らかくなっています。

不思議と、気が抜けて、気持ちが緩んでいる時って本を読んでも
ノートに言葉をおいても、自然に流れがあります。

コーヒーとノート

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

必要なものは全て揃っていて、満ち足りている。
私は自分の愛しい人と愛しいことをしよう。
絵を描くこと、気持ちを言葉にすること、伝えること。
ありがとう、愛しています。

誰かの役に立たなくていいなら何をするだろう。
いたずらかな、いたずらに近いことかな。
ゲームは遊んでいたんでなく、遊ばせてもらっていた気がする。
そもそも遊ぶに定義なんてあったのか?

自己目的的、自分が自分のためにしたいことってどんなこと?
なんだろう、過去でもなく未来でも、今目の前に思い浮かぶことでいいじゃん!

やってみよう!
ありがとう!

愛しさと行動 お金の本に掃除しろと書かれていた理由

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

自分のやっていた仕事に愛しさを感じていた?
自分が掃除をしている時に愛しさを感じていた?

続きを読む

圧倒的努力のモチベーションは、いかにして生まれるのか?

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪


堀江貴文のQ&A vol.487〜成功の秘訣は圧倒的努力!!〜

堀江貴文さんの書籍、ゼロは3回読んですごい影響されました。
自分にもなにかできるって自信になって、プログラミングしたり、Webサイト作ったり
一人で街のゴミ拾いしてみたり、料理を始めたり、とにかく自分が少しでも興味が湧いことから行動しました。

そこでモチベーションについて、自分はどこから行動に移せるような衝動が湧き上がってくるんだろう?と思いました。

続きを読む

えへへ、間違えちゃった〜ごめ〜ん♪

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

えへへ、間違えちゃった〜ごめ〜ん♪
あ〜みすった〜ごめんよ〜♪

軽く赦されるから、いっぱい試したくなる!
へたっぴな落書きだって、お絵描き!

新しい紙に、空いてるスペースに、また書き始めた線は
必ず違う質感を持っている。
小さく小さく、ゆっくりゆっくり、変化している!

子供も大人も、新しいことして、へたっぴでいい!
だって、次はちょっぴり変わってるから!
大丈夫だよ〜♪
笑っていいんだ、気楽で大丈夫♪

みんな笑って気楽でいたいんだもの♪

友達すら気にしない

友達でも話を聞く必要はない。

自分の気持ちが変わったり、人生の方向性が変わるのはいいことだ。
それを応援してくれる友達は嬉しい。
自分の「なんとなく」、「ふわふわした気持ち」は大切だ。

友達のいうことに違和感があるならば言う、それでも納得いかないならぶつかる。
そうやって花開くものがあるかもしれないと、芸術家である岡本太郎さんは言っていた。

ただどちらも折れないならば、その友達とは離れてみるのがいいかもしれない。
それほど強い気持ちならば、その友達に支えてもらうような必要も無い。
だって、それほどまでに自分で自分の気持ちを信じられているんだから。

それほどまでに新しい方向性が魅力的なのだから、そっちへ進めばいい。
たとえ、ゆっくりでも進んでいるんだから。

想いが溢れるなら、溢れていい、そのまま流し続けよう

溢れる想いが水のようなら、それは泉になる、湖になるかもしれない
そこから川になるかもしれない、海へ出るまで、周りの町や人やいろんな命を支えるはずだ。

自分の想いが、今の自分の力で形にならないかもしれない。
それならせめても言葉にしよう。

自分を馬鹿にする人は多いかもしれない、理想では食っていけないという人も多いだろう。
理想は希望の方向性であり、必要だ。
現実とは悲観的な視点で物事を考えることでは無い。

続きを読む