読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう

ありがとう、祝福、素直な自分で

優しさと苦しみ

優しくしようとする時、相手は苦しんでるイメージがある。

だからこそ手をかす、助けるイメージが浮かぶ。

結果としてそれは、優しいという評価にはなるが、苦しみの痛み分けであって、優しさではない。

優しさと言う評価と、優しいとはまたちがう感じがする。

 

要するに誰かに言われる、優しいと言われる言葉に違和感があるのだ。

そこに自分自身が腑に落ちない感触があるんだ。

 

ありがとう♪
応援しています♪
祝福しています♪