読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう

ありがとう、祝福、素直な自分で

在り方とスピリチュアリティー

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

最近、面白い事に気付いたんだ〜
友達と話して、あ!この人にはこの本がオススメだ〜と思って一冊オススメの本を貸したんだ。

そしたらね、感想が、本を貸す前の意見が強調されただけで、期待した方向に響かなかったみたい。

ちょっと残念に思ったけど、逆に解釈すると、自分が読んだ本にしろ、自分の言葉にしろ、受け手によって解釈の方向性がまったく違う事があるみたいだ。

と言う事は、自分が本を読んだりして響いた言葉とか解釈って、自分の在り方や無意識、方向性がやってることで、自分と同じような在り方や感じ方、方向性の人だと一冊の本でも多く、深く感じ取れる事があるかも。

読書に限らず、違う在り方の人には納得しえない事があるかもしれないが、同じ在り方の人には伝わる事があるはずだ。

つまり、同じ在り方の人にはどんな簡単な言葉を使っても納得したり響いたり共感したりするのは簡単だ。

逆に違う在り方の人にはどんな根拠や事実を並べようと、核心は響かない。

 

なんとなくわかった事は、精神性や霊性ってのと、在り方ってかなり近い。
スピリチュアリティーが在り方に変化を与えるのは、納得した。
ただ、それを求めない人に説明するのは難しい。
そして、核心を伝えたいのに回りくどい説明や言い回しをすると、おかしな解釈に行き着いてしまう。

例えるなら、野菜嫌いの人に生野菜を食べさせたいと思っているのに近い。

 

これを書いていて分かった。
おれが考えているのと同じぐらい、精神性や霊性について知りたいと思っている人が周りにいないだけだ。
そして、一時しのぎの解ではなく、心の根源的な部分について追究して変化をもたらしたいと考えていて、やっとふんわりわかってきた。

ありがとう♪