読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう

ありがとう、祝福、素直な自分で

私は応援しよう

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

 

私の家は、仏教神道を宗教としている、ありふれた日本の家庭だ。
お正月になれば初詣に行くし、お盆やお彼岸には親戚の人が来たり、親戚の家に行ったりする。

 

私が「祝福」を一つのテーマに考え始めたのは専門学校に通っていた頃、Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学を読んでから。

祝福と言うと、キリスト教っぽい響きがあるけれど、キリスト教はよく知らない。ごめん。

 

確か、Think Simpleの中で、スティーブジョブズが「宇宙に影響を与える」だっけ?なんかそんな抽象的なテーマを掲げていて、カッケーな〜と思って真似したのが、「祝福の流れを創造する」だ。

そんでそれを単純な行動に落とし込もうとして「祝福」ってテーマを考えるようになって以来、ずっと本を読んだり、ノートに考えを置いてみたり、ブログで何か書いてみたりしている。

このブログでは、自分の気づきとかを軽く書いていこうと思ってます。

 

専門学校卒業後、社会人2年目で、就業中に全身に発作と痙攣が起こって救急車で運ばれたり、就業中の絶え間ない吐き気、通勤時の動悸などから、心療内科で不安障害、パニック障害と診断されて、休職の後に復帰するも、回復せず退職、その後現在まで無職でいる。

正直よくわからん、なぜ真面目に生きてきた自分がこうなってしまったのか。
心療内科の先生が言ってくれたのは、真面目だったりする性格の人ほど、心的な症状が起きやすいらしい。

自分の唯一の強みだったことが、一番の弱みになってしまったらしい。

 

家族や友達に相談するも、自分の納得いく方向性が見出せずにいて、ほとんど本にすがってきた。

そんでやっと今、どうしたいかの方向性が見えてきた。
ただ、焦ってしまう。方向性を見つけたからこそ真面目に急いでしまう感じだ。

 

少しずつわかってきた、何かを得ようとするよりも、自分が持っているものを手放した方が楽に進める感じ。

本当に自分を変えたい、変わりたいと望んできて、やっとこ納得のいく手がかりがつかめた気がする。

自分を変えるのは態度だ、心的態度、それが在り方だ。
それを少しずつ変えていく、時間が経てばきっとまったく違う方向を向いているはずだ。

在り方が変われば感じ方が変わる。
今まで大事に思ってきたものが、別にそうでもなくなる。
同時に、求める人、もの、ことが変化する。

そうしていくことで、自分は変化できる気がする。