読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう

ありがとう、祝福、素直な自分で

ゲームでチート使ったら、ゲームの考え方が変わった

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

チートを使って、ゲームの考え方が変わった

テレビゲームは学生の時は一生懸命やっていた。
ただ、高校生の時にPSPモンスターハンターポータブル 2nd Gをやった時に流行りでチートを使った。
ゲームが簡単に楽になることのつまらなさを初めて知った。

攻撃力64倍、好きな装備を出現させる、HPが減らない、等々

ゲームって数字なんだなって思った。
おれは中学生の時からパソコンに興味が湧いてきて、タイピングの練習をしてたから
そこから更にITへの興味が湧いてくる。それはまた別の機会に話そう。

ゲームと言えば、友達と装備の自慢したり、ドロップ率の低い貴重な合成アイテムが出たとか
強いモンスターの攻略方法について話したり。
必要なくなったもんね。


正直、虚しかった。
だって、せっかく話のネタを仕込んだのに自分で潰してしまったんだからさ。

頑張りが、ただの苦になった

チートを使った後に、チートを使わないでキャラを作り直して一からスタートした。
だけれど、同じような新鮮さはなかった。

その代わりに、心の中でささやく声が聞こえる「使っちゃえよーチート使っちゃえよー、楽だぜー」

もはや自分がプレイしているのはゲームでなく、だった。

話のネタとしてのソシャゲ

社会人になって、パズドラとかモンストが流行った。
そんで、ソシャゲに熱心な人に何がそんなに楽しいんですか?って聞いてみた。

そしたら、「話のネタになるから」らしい。
おれもパズドラ始めて、会話に参加してみて、なんかコント感がした。
3日でアンインストール

パズドラをアンインストールして、それをその人たちに言ったら
別に何も変わらないコントが続いていた。

ん〜・・・なんか違和感を感じちゃったな〜。

チートが課金に変わるだけソシャゲ

高校の時の友達に誘われてモンストを始めた。
パズドラの時と同じ、終わりの無いゲームに対面する。

あー、勝てねーどうしたらいいんだろう。
あの時と同じような声、だがニュアンスが違う「金あるんだしさ、課金しちゃえよ、簡単に勝てるぜー」

ただ、今のおれは違う、なぜならあのチートを使った時の虚無感を知っているからな!
だけど、それならなぜ続ける必要があるんだろう?

3日でアンインストール

スカイプ上で話す高校の時の友達の会話が続いただけだった。

自分のレベル上げ

そうして、ゲームを始めては辞め、買っては売りを繰り返しは、終わっていった。
家庭用ゲーム機は、自分の部屋からなくなり、ソシャゲには手をつけなくなった。

おれは今、筋トレをしている。
腕立て、腹筋、スクワット、背筋
散歩もする。

今日もいい天気だ♪