3%

ありがとう、祝福、素直な自分で

愛しさと行動 お金の本に掃除しろと書かれていた理由

ありがとう♪
祝福しています♪
応援しています♪

自分のやっていた仕事に愛しさを感じていた?
自分が掃除をしている時に愛しさを感じていた?


自分自身を愛しいと感じていたか?
自分が読む本を愛しいと感じていたか?

自分がやることなすこと、「面倒だなぁ」「だるいなぁ」「効率的にさっさと終わらせられないかな〜」とは思いながらやっていたけれど
いつもありがとう、大切にしなくちゃとは思わなくなっているのに気がついた。

そうだ、断捨離して、ミニマリズムに影響されてものを減らす段階で、モノに対する感じ方が変わった。
確かに自分の手元に残るものは厳選されて、少なくなった。
ものを選ぶのに意志力を必要としなくなった。
多くのものを持って、使っていないものに対する申し訳なさからは解放された。
ただ、残ったものに対する感謝や愛しさを感じていたかと問われれば、そうは感じていなかった。

お金に関する本を読んでは、掃除が推奨されていた理由がわかった気がする。
自分がいつもの空間にいて、そこに対する愛しさや感謝の念を伝える。
これが大切だったとやっと気がついた。

ありがとう♪